人生相談〜聖書、イエス様を信じる立場から

世界のベストセラー聖書の価値観から、生きるを考えます!

一人になるといつも孤独です。どうしたら良いですか。

f:id:jesuslovesmeus:20201007210256j:plain

「28歳の事務職です。人と会ったり、仕事をしている時は良いのですが、一人になった時にとても孤独を感じます。自分が消えてしまいそうです。寂しいので、いつも音楽をかけています。以前恋人がいた時も、一緒にいると要求ばかりしてしまいました。しかし要求しても、本当のところは分かって貰えず、さらに孤独感が強くなりました。心の中に穴があいたような気持ちです。この寂しさを、どうしたらよいでしょうか。」(28歳女性)

 

ご質問をありがとうございます。

「孤独」についてですね。とても重要な課題です。

 

28歳の事務職ということですから、ある程度会社でも経験を積んでおられる方かもしれません。仕事にもやりがいを感じ、充実感を持っておられるのでしょうか。

しかしプライベートでは、解決できない課題を抱えておられるということですね。

 

また以前恋人が、とありますから、別れてからしばらく経っているのかもしれませんね。

当時「一緒にいると要求ばかり」と書かれていますから、質問者の方は、ご自分を客観的に見ることができる方なのだと思います。

しかし理性と感情は違います。理性で自分を分析できても、「心が寂しい」という感情は否定することはできません。

 

今回まず、「自分の孤独を受け入れられるか」について考えたいと思います。

「一人の時は、孤独を感じる」と書いて下さいました。

一つ質問ですが、質問者さんは「人と会ったり、仕事をしている時」にも孤独を感じることはありますか。

 

よく考えれば、人間関係の中でも孤独を感じることは、意外と多くあるものです。

気が張っていたり、社会的な立場(役職等)で関わる時には、軋轢は「仕事と割り切って」行えるかもしれません。

しかし、ふっと素の自分になった時、

実は、人間関係のすれ違いから生じる孤独の方が、キツイとも言えます。

だから私たちは、人と同調して、出来るだけ波風を立てないように努めるのです。

(仕事として対処する場合は別です)

 

先日紹介した、コラムニストの深爪さんの文章の中に、人間関係で疲れてしまう原因を、三つあげています。(詳細はそちらをご覧ください)

「他人が自分の思い通りに動かない、と言う苛立ち」

「空気を読まなければならない、と言う脅迫観念」

「一人ぼっちは寂しい、と言う思い込み」

 

「一人でも孤独」、「集団でも孤独」なら、私たちは、孤独から逃げることはできません。

「孤独」を覚悟して受け入れるしかないのです。

(小手先で誤魔化すことはできないのです)

  

私たちは、「孤独に耐えられる力」を持つ必要があります。

「産道を通って生まれ、死ぬ時は一人で旅立つ」

親しい家族とも友人とも、最後の最後、死ぬときは一人で旅立たなくてはなりません。(天国を信じる人にとっては再会の希望があります)

いくら一緒に行きたいと思っても、その時は一人なのです。

「メメントモリ(死を覚えて生きよ)」とは、「孤独に備えて生きよ」と理解することもできるのです。

 

あなたは「孤独」に耐えられますか。

孤独は、すべての人が感じる感覚です。

「そんなもんだ」と自分で思うことができたならば、あなたは孤独に立ち向かい始めています。

「怖いもの」からは『逃げてはいけません』『立ち向かうのです』

逃げていると「正体が分かりません」

しかし立ち向かうと「課題や解決の方向が見えてくるもの」です。

 

今、私たちは「誰もが孤独」だ、と書きました。

しかし「誰か」にいつも「見守られている」ことも事実なのです。

お腹の中から地上に出てくる時、赤ちゃんは「産道」を通ります。

たった一人で通ると、赤ちゃんは思うかもしれません。

しかしそこにはお母さんがいます。(無事に産もうとするお母さんです。)

その周りには、通常、産婦人科医や看護師の方々がいて、赤ちゃんをサポートするために万全の体制を備えています。

そんな人々の「見守り」の中、「たった一人で」赤ちゃんは、「産道を通る」のです。

 

この世界を造った創造主がいると信じる人の多くは、

自分は守られていると感じています。

「生きている」のではなく「生かされている」と感じるのです。

そして人生の中で、何回か「守りがあるという体験(神体験)」をするのです。

 

「心の中には神様しか埋められない空間がある」と言われます。

あなたの孤独は、もしかすると「人では埋められないもの」かもしれないのです。もしそうであるならば、「神様に埋めて頂く」しかありません。

 

実は、クリスチャンである私も、寂しさを感じる時はあります。

その時は、どうするかと言うと「祈る」のです。

「祈り」は神様との会話です。こちらから会話を投げかけていると「響く瞬間」があるのです。(答えが返ってくる瞬間です)

 

先ほどのコラムニストの深爪さんは、「自信を持ち孤独に耐える」ために「自分の好きなこと得意なことをすること」をお勧めしています。

これは非常に大切なことだと思います。

 

しかし私は、聖書を信じる立場として

「創造主である神様」に全幅の信頼でもって愛されていることを、知ることができたならば、「ゆらぐことのない自信」を持つことができる、と信じるのです。

 

最後は、信じる話になりました。

でも人は、何かを信じています。「自分の考え」だったり、「誰かの言葉」だったり、「物質的な安心」だったり。

しかしそれらは、洪水が来れば崩れてしまいます。例えるならば「砂の上」なのです。

「砂の安心」を握っている手を放して、「もっと大きな確かな岩(創造主)の守り」を握るということが、「創造主を信じる」ということです。

これは、今のこの瞬間にも可能なことです。

 

愛されている(ことが分かる)と、人を愛することができるようになります。

すると不思議なことに、関わる人と良い関係となれるのです。

すると孤独が減っていきます。

 

しかし愛を求めるために人と関わると、失望し、ますます孤独になるのです。

 

人間は孤独を通過します。しかしだからこそ、確実に「自分を支える存在」が必要です。

「産道は一人で通っているようでも、見守られている」ことを覚えたいのです。

 

最後に、どんな時にも、私たちは見捨てられないという聖書の言葉です。

詩 27:10 私の父、私の母が、私を見捨てるときは、【主】が私を取り上げてくださる。

イザヤ46:4 あなたがたが年をとっても、わたしは同じようにする。あなたがたがしらがになっても、わたしは背負う。わたしはそうしてきたのだ。なお、わたしは運ぼう。わたしは背負って、救い出そう。

 

あなたの孤独が軽減されることを、お祈りしています。 

にほんブログ村 その他生活ブログへ

にほんブログ村

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

もし気に入って頂けたら、たくさんの方に読んで頂くために、クリックの御協力をして頂けると幸いです。(一日一回カウントされます)

人生相談〜聖書、イエス様を信じる立場から - にほんブログ村

もう一つ別のブログランキングです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ 


人気ブログランキング