人生相談〜聖書、イエス様を信じる立場から

世界のベストセラー聖書の価値観から、生きるを考えます!(モノの見方が変わると、とても楽になります)

ワンポイント「イエス様の教え」②何のために生きるのか?

f:id:jesuslovesmeus:20210916101531j:plain

現在、コロナ禍が1年半を過ぎようとしています。

多くの人が「ストレス」を抱え、未来に対する不安、自分の命に対する不安を持っておられます。

私たちは今まで、「自分の命」に対する恐怖を感じることはありませんでした。

しかし追い詰められた状況が長く続く中で、「私たちの死生観」「人生観」が問われているのではないでしょうか。

つまり「人生にはどんな意味」があって、「何のために生きているのか」と言う「根源的な問いかけ」が、今生きているすべての人に投げかけられているのだと思われるのです。

 

第二回の学びは、「何のために生きるのか」を

イエス様の「山上の説教」冒頭から考えていきます。

ここでは、

①いのちは「創造主(神様)から与えられたもの」である。

②地上は「訓練の場所」である。

③一度きりの「地上での人生の選択」によって、「死後」が決まるので、「地上の苦しみ」には「意味がある」ということ。

の3点に簡単に触れていきます。

 

まずは、山上の説教の冒頭です。
マタイによる福音書5:1-3
「5:1その群衆を見て、イエスは山に登られた。そして腰を下ろされると、みもとに弟子たちが来た。
5:2そこでイエスは口を開き、彼らに教え始められた。
5:3『心の貧しい者は幸いです。天の御国はその人たちのものだからです。・・・」

 

イエス様は、集まってきた群衆と弟子たちを前に「天の御国」についてまず語られたことを注目します。

つまり、冒頭に「死後に行く世界」について語られたのです。

 

人生は死に向かって進んでいます。

私たちは普通それを考えないようにして生きています。

 

①創造主は、私たちに命を与え、この地上で生きるために「母の胎で組み立て」られました。(聖書を2か所取り上げます。)

詩篇139:13 それはあなたが私の内臓を造り、母の胎のうちで私を組み立てられたからです。

ヨブ記10:11 皮と肉を私に着せて、骨と筋で編まれたではありませんか。
10:12 恵みをもって私にいのちを与え、あなたの顧みが私の霊を守りました。

 

しかし②生きている間には、「苦しみ」が続くのです。

使徒パウロの言葉です。

Ⅱコリント5:4 確かにこの幕屋のうちにいる間、私たちは重荷を負ってうめいています。それは、この幕屋を脱ぎたいからではありません。死ぬはずのものが、いのちによって呑み込まれるために、天からの住まいを上に着たいからです。

 

そして③聖書は、「人生を訓練」と例えています。

ヘブル12:5 「わが子よ、主の訓練を軽んじてはならない。主に叱られて気落ちしてはならない。
12:6 主はその愛する者を訓練し、受け入れるすべての子に、むちを加えられるのだから。」
12:7 訓練として耐え忍びなさい。神はあなたがたを子として扱っておられるのです。父が訓練しない子がいるでしょうか。

 

また、地上で私たちが行った行為が、天国で残るものと、燃えてしまうものがあるのです。

Ⅰコリント3:12 だれかがこの土台の上に、金、銀、宝石、木、草、藁で家を建てると、
3:13 それぞれの働きは明らかになります。「その日」がそれを明るみに出すのです。その日は火とともに現れ、この火が、それぞれの働きがどのようなものかを試すからです。
3:14 だれかの建てた建物が残れば、その人は報いを受けます。
3:15 だれかの建てた建物が焼ければ、その人は損害を受けますが、その人自身は火の中をくぐるようにして助かります。

(地上でのお金や、地位や名誉は、「木草わら」であって、天国に行った時には燃えカスになってしまいます。)

 

ですから人生は、神様の助けを受けて「精神的な成長」をするように導かれているのです。

(「御霊の実」について書かれているところです。)
ガラテヤ5:22 しかし、御霊の実は、愛、喜び、平安、寛容、親切、善意、誠実、
5:23 柔和、自制です。このようなものに反対する律法はありません。

 

まとめます。

①命は「与えられたもの」であること。

②地上での生活は、「苦しいことが多くある」ということ。

③しかしそれは訓練であって、その訓練を受け、神様が喜ばれる「御霊の実」を結ぶ生活をする時に、死後にも残る(金銀宝石のような)ものを建て上げることができること。

 

地上で、苦しければ苦しいほど、その上で「神様が喜ばれる生活」をする時に、天での報いは大きいことが、聖書には書かれています。

 

マタイ5:3以降の「イエス様の言葉」です
5:3 「心の貧しい者は幸いです。天の御国はその人たちのものだからです。
5:4 悲しむ者は幸いです。その人たちは慰められるからです。
5:5 柔和な者は幸いです。その人たちは地を受け継ぐからです。
5:6 義に飢え渇く者は幸いです。その人たちは満ち足りるからです。
5:7 あわれみ深い者は幸いです。その人たちはあわれみを受けるからです。
5:8 心のきよい者は幸いです。その人たちは神を見るからです。
5:9 平和をつくる者は幸いです。その人たちは神の子どもと呼ばれるからです。
5:10 義のために迫害されている者は幸いです。天の御国はその人たちのものだからです。
5:11 わたしのために人々があなたがたをののしり、迫害し、ありもしないことで悪口を浴びせるとき、あなたがたは幸いです。
5:12 喜びなさい。大いに喜びなさい。天においてあなたがたの報いは大きいのですから。

 

イエス様は、「地上の生活」だけを見ているのではなく、

「地上の生活の後にある世界」を意識しておられたことが分かります。

 

今の「地上での苦しみ」だけを考えるならば、辛いことばかりかもしれませんが、

死後に「永遠の世界」があり、

「地上」は、そのための「準備の期間」だと考える時に、

辛い生活にも「意味がある」と思えるのではないでしょうか?

(地上は、単なる「準備の期間」だけでなく、たくさんの「重要な意味」もあります。・・・それは別の個所で述べたいと思います。)

 

「死生観」「人生観」は、今の時代、非常に大切です。

聖書の言葉を、参考にしてみませんか?

 

祝福をお祈りしています。

 

にほんブログ村 その他生活ブログへ

にほんブログ村

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

もし気に入って頂けたら、たくさんの方に読んで頂くために、クリックの御協力をして頂けると幸いです。(一日一回カウントされます)

人生相談〜聖書、イエス様を信じる立場から - にほんブログ村

読者登録をして下されば、新しい記事を自動的に知らせてもらえます。(無料ですが、はてなブログの登録が必要です。)

 

もう一つ別のブログランキングです。(こちらもクリックして頂くと助かります。一日一回カウントされます)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ 


人間関係ランキング
人気ブログランキング

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

↑↑↑↑↑↑

こちらをクリックすると記事一覧を見られます。

ワンポイント「イエス様の教え」①求めたら、与えられる!

f:id:jesuslovesmeus:20210916101531j:plain

2020年9月から、ブログを始めて一年が経ちました。昨日、合計アクセスが「2万人」を越えることができました。応援して下さった皆様に、心より感謝いたします。

 

これを機会に、イエス様の「山上の説教」から、「イエス様の教え」をシリーズで、深掘りしていきたいと思います。不定期の予定です。(山上の説教は、マタイによる福音書5〜7章)

 

初回は、「求めたら、与えられる」(マタイ7:7)です。

「求めたら、与えられる」とイエス様は、言われましたが、

「求める」ことは、意外と奥が深いものです。

 

1億円が必要な人が、いたとします。

その人は、私やあなたに、普通はお願いはしません。

少なくとも私にはお願いされません。(持っていませんから)

 

「求める」場合、「頂ける可能性、がある」と思わなければ、求めることはあり得ないのです。

 

私は高校生の時に、左足首を酷く捻挫しました。

それ以降、いつも違和感がありました。特に冬になるとシクシクと痛みました。

 

20代でクリスチャンとなり、聖書を学ぶ中で、キリスト教には「癒し」があると知って、

「足首の癒し」のために、祈り始めたのです。

しかし、全く癒されませんでした。

30歳の時、約一年間、オーストリアの教会に短期留学の機会がありました。

 

ある集会で、癒しのために祈って貰いました。

その時「触れられた」という体験をしたのです。

その瞬間「癒しを受け取った」という感覚を持ちました。

 

「求めていた場合」、与えられた時に、それを「受け取ること」が大切です。

(分かりますでしょうか)

 

整理をします。

①「求める」ためには、その方が「与える力がある」ことを知る必要があります。

そうでなければ、「求めません」から。

求めたら、どこかで与えられます。

②次に、与えられたものを「受け取る心」も大切なのです。

 

①イエス様が癒しを与えて下さる

経済的な助けを与えて下さる。

知恵を与えて下さる。

健康を与えて下さる。

不思議な導きを与えて下さる。

 

教会に通い、聖書を読み、イエス様がして下さることを学ぶうちに、

イエス様の知識量が増えていきます。

同時に「求める心」が増し加わるのです。

 

ここまで読んで下さった方は、「イエス様があなたに何をして下さる」かを、

考えておられると思います。

 

ぜひそれを「知って」下さい。

(このブログでも発信し続けますが、ご自分で聖書を読まれても宜しいかと思います。)

知ったなら「求め続けて」下さい。

そして、「どこかで与えられる」時に、確実に「受け取って頂きたい」のです。

(分かり難い表現で、恐縮です!)

 

例えるならば、

バトンの様な感覚です。

バトンを持っている人に「お願い(求める)」をします。

するとバトンが渡されます。

そうしたら、バトンを「受け取る」のです。(手放さないことです)

そうすれば、「癒しや解決」があなたのものになるのです。

 

悪魔は、「受けた恵み(バトン)」を奪おうとしてきます。

不信仰や疑いを心に投げ込んで、手放させようとしてきます。(その邪心を受け取ってはいけません。)

(そうでないとせっかくの奇跡が消えてしまうことが、実際にあるのです。)

 

悪魔の攻撃を跳ね飛ばすためには、イエス様の助けが必要です。

その助けによって、「恵み(バトン)」を一定期間持ち続ければ、

それは「完全にあなたのもの」になるのです。

 

ぜひ「イエス様の恵み」を受け取って下さい。

そのためにも、まず「イエス様は、どんなことをして下さるのか」を知って下さい。

 

そして「求める中」で「与えられたら」、「手放さないこと」を特に強調します。

(不信仰を揺さぶる、悪魔の攻撃に負けないように、と祈ります。)

祝福をお祈りしています。

 

イエス様の言葉。マタイ7:7-8

「求めなさい。そうすれば与えられます。捜しなさい。そうすれば見つかります。たたきなさい。そうすれば開かれます。

だれであれ、求める者は受け、捜す者は見つけ出し、たたく者には開かれます。」

 

にほんブログ村 その他生活ブログへ

にほんブログ村

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

もし気に入って頂けたら、たくさんの方に読んで頂くために、クリックの御協力をして頂けると幸いです。(一日一回カウントされます)

人生相談〜聖書、イエス様を信じる立場から - にほんブログ村

読者登録をして下されば、新しい記事を自動的に知らせてもらえます。(無料ですが、はてなブログの登録が必要です。)

 

もう一つ別のブログランキングです。(こちらもクリックして頂くと助かります。一日一回カウントされます)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


人間関係ランキング
人気ブログランキング

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

↑↑↑↑↑↑

こちらをクリックすると記事一覧を見られます。

悪魔に勝つためには、強い後盾が必要、、、(ポエム)

f:id:jesuslovesmeus:20210915094743j:plain

イエス様は、こんなことを言われていた。

「強い人の家に入って家財を奪い取ろうとするなら、まずその人を縛ってしまわないで、どうしてそのようなことができましょうか。そのようにして初めて、その家を略奪することもできるのです。」

(マタイ12:29)

 

「悪魔」を縛りつけるには、

悪魔以上の、「権威筋」が必要だ。

 

何世代も人間を見てきた「悪魔」である。

人間の欲や弱さを知り尽くした「悪魔」である。

「その力」に打ち勝つには、

確実に「悪魔に勝利した」存在の助けを、受けることが重要だ。

 

あなたは、「その存在」を知っていますか?

そして最も大事なことは、その存在との「コネクション」を持つことである。

「助けて」と叫んだ時に、助けていただける「関係」である。

 

クリスチャンになると、創造主との「親子の契約」を結ぶことができる。

十字架の勝利を、「自分の後盾」にできる。

イエス様に「助けて」と言えば、応えていただける立場が与えられる。

「もの凄い特権」である。

 

だから、恐ろしいことがあると、

「イエス様に叫ぶ」ことができる。

辛いことがあると、

その方のところに「逃げ込む」ことができる。

 

嵐の時に「港に避難」するように、

悪魔に総攻撃されても、

苦難に潰されてかけても、

「逃げ込める港」があるのだ。

 

聖歌の一節。(聖歌472番)

1 人生の海のあらしに もまれきしこの身も

 ふしぎなる神の手により いのちびろいしぬ 

 いとしずけき港につき われは今やすろう 

 救いぬしイエスの手にある 身はいともやすし
 

3 すさまじき罪のあらしの もてあそぶまにまに

 死をまつはたれぞただちに 「逃げ込め港」に 

 いとしずけき港につき われは今やすろう 

 救いぬしイエスの手にある 身はいともやすし

 

あなたも、そんな「逃げ込める港」を見つけたいと思いませんか?

それは、遠い話ではなく、

架空の話でもなく、

現実に「役立つ力」なのです。

 

悪魔より強い「お方」と、

あなたも「お近づきに」なりませんか?

 

本当に助けが必要な人に、「力強い助け」がありますように。

祝福をお祈りしています!

 

にほんブログ村 その他生活ブログへ

にほんブログ村

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

もし気に入って頂けたら、たくさんの方に読んで頂くために、クリックの御協力をして頂けると幸いです。(一日一回カウントされます)

人生相談〜聖書、イエス様を信じる立場から - にほんブログ村

読者登録をして下されば、新しい記事を自動的に知らせてもらえます。(無料ですが、はてなブログの登録が必要です。)

 

もう一つ別のブログランキングです。(こちらもクリックして頂くと助かります。一日一回カウントされます)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


人間関係ランキング
人気ブログランキング

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

↑↑↑↑↑↑

こちらをクリックすると記事一覧を見られます。

「悪魔の攻撃」から身を守るには。(ポエム)

f:id:jesuslovesmeus:20210914104938j:plain

「悪魔の攻撃」は、

私の「弱いところ」を突いてきます。

 

悪魔は私の「弱さ」を知っています。

そして、数え切れないほど、私を落とし入れて、

「ほくそ笑んで」いるのです。

「今回も落としてやった」と。

 

「光」が必要です。

「光の中」に留まることが必要です。

 

「光の中」にいつもいれば、

「闇」に気がつくからです。

 

「闇」は「仲間」ではありません。

「闇」は「異物」です。

 

「闇」は「あなたそのもの」ではありません。

「闇」は「あなたとは違う、何か」なのです。

 

あなたも、どこかで気がつくはずです。

「これは、おかしい」

「こんな考えを、持つはずがない」と。

 

敏感になってください。

あなたの「心の動き」に、、、

「無理やり歪めよう」と働く、、、「何かの力」に。

 

その何かの「正体」が、「明らかになる」ことが大切なのです。

 

そいつは、いつもコソコソしています。

正体を隠して、囁いてきます。

 

「光の中」に入りましょう。

「闇の正体」を明らかにしましょう。

 

「正体」が明らかになった「闇」は、

実はとても「ちっぽけ」で「醜い」存在です。

 

そいつは「大きなこと」を言って、

あなたを「怯え」させ、

あなたを「支配しよう」と圧力をかけますが、

実は「醜い」小さな存在でしかないのです。

 

「闇の正体」を知りましょう。

そのためにも、「光」に近づき続けるのです。

 

そうすれは「悪の攻撃」から、

あなたは「自分の身」を、守ることができるのです。

 

そして、必要ならば、、、

「光の権威」によって、「悪を追い払う」ことも、できるのです。

 

聖書の言葉(ヤコブ4:7〜8)

「神に従いなさい。そして、悪魔に立ち向かいなさい。そうすれば、悪魔はあなたがたから逃げ去ります。神に近づきなさい。そうすれば、神はあなたがたに近づいてくださいます。」

 

、、、あなたの「心の支え」と「守り」のため、お祈りをしています。

 

にほんブログ村 その他生活ブログへ

にほんブログ村

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

もし気に入って頂けたら、たくさんの方に読んで頂くために、クリックの御協力をして頂けると幸いです。(一日一回カウントされます)

人生相談〜聖書、イエス様を信じる立場から - にほんブログ村

読者登録をして下されば、新しい記事を自動的に知らせてもらえます。(無料ですが、はてなブログの登録が必要です。)

 

もう一つ別のブログランキングです。(こちらもクリックして頂くと助かります。一日一回カウントされます)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


人間関係ランキング
人気ブログランキング

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

↑↑↑↑↑↑

こちらをクリックすると記事一覧を見られます。

悪魔が喜ぶのは、言い訳、責任転嫁、破滅願望、、、(ポエム)

f:id:jesuslovesmeus:20200929201226j:plain

騙されないでください、

「悪魔の手口」に。

 

気をつけてください、

囁きかける「細い声」に、、、。

 

悪しき存在は、あなたの頭の中に、

ゴミのような、「汚い思い」を投げ込むのです。

 

悪魔が喜ぶのは、言い訳、責任転嫁、破滅願望、、、

 

あなたが、「気分を害した時」を見計らって、

あなたの心に、投げ込むのです、、、「汚い思い」を、、、実に巧妙に。

 

多くの人は、投げ込まれたゴミを、

「自分の考えだ」と思い込んでしまいます。

 

ある人たちは、何度も投げ込まれているので、

受取ることが「習慣」になっています。

「依存性」になっています。

 

「〇〇だから、私は悪くない。」

「〇〇のせいでこうなった。」

「私はダメだ!だから一緒にあいつも壊れてしまえ、」

 

人間がそう「呟く」度に、

悪魔は、ほくそ笑んでいます。

「やってやった」と。

 

負けないでください、

悪魔の「誘惑」に。

 

気がついてください、

「囁く闇の声」が、「自分の考え」でないことに、、、。

 

闇を見極めるには、、、「光」が必要です。

「光」がどうしても必要です。

 

「光」を求めましょう。

「光」に満たされましょう。

 

「光」さえあれば、「闇の正体」が分かります。

「光」さえあれば、「闇の囁き」が「異物だ」と気がつくことができるのです。

 

「光」は、一瞬だけではダメです。

「光」に留まることが大切なのです。

 

あなたは、「囁く闇」と「自分の心」が区別ができますか?

 

 

聖書の言葉

ヨハネの福音書 1章4~5節

「この方にはいのちがあった。このいのちは人の光であった。
光は闇の中に輝いている。闇はこれに打ち勝たなかった。」

 

あなたの心が、守られますように、、、

祝福をお祈りしています。

 

にほんブログ村 その他生活ブログへ

にほんブログ村

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

もし気に入って頂けたら、たくさんの方に読んで頂くために、クリックの御協力をして頂けると幸いです。(一日一回カウントされます)

人生相談〜聖書、イエス様を信じる立場から - にほんブログ村

読者登録をして下されば、新しい記事を自動的に知らせてもらえます。(無料ですが、はてなブログの登録が必要です。)

 

もう一つ別のブログランキングです。(こちらもクリックして頂くと助かります。一日一回カウントされます)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


人間関係ランキング
人気ブログランキング

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

↑↑↑↑↑↑

こちらをクリックすると記事一覧を見られます。

何度も「お金を貸して欲しい」と言ってくる知人がいます。

f:id:jesuslovesmeus:20201007205926j:plain

クリスチャンからの質問です。

「知人に何度も『お金を貸した欲しい』と言ってくる人がいます。

以前何回か、貸したこともあります。

その知人から、数年ぶりに連絡がありました。メールの返信をするとすぐに連絡があり、また『お金を貸して欲しい』という内容でした。

その後も何度もメールがあり、一方的に要求する内容した。今回はお断りしようと考えていますが、どのように考えたら良いでしょうか。」

 

お金の貸し借りのご質問ですね。

お金の問題はとてもデリケートです。あくまで一般論として書いていきますので、参考にして下さい。

 

基本的な考えは、「分を越えない」、

つまり、質問者さんが「関われる範囲を越えない」という点です。


ローマ人への手紙12:3

「私は、自分に与えられた恵みによって、あなたがたひとりひとりに言います。だれでも、思うべき限度を越えて思い上がってはいけません。いや、むしろ、神がおのおのに分け与えてくださった信仰の量りに応じて、慎み深い考え方をしなさい。」

 

以前に、質問者さんはその方に「お金を貸されたことがある」と書いてありました。

そして、今回久しぶりに連絡があり、また「お金を貸して欲しい」という内容だったと。

 

その方の立場から見るなら「切羽詰まって」連絡ということでしょうが、

質問者さんの立場からは「利用されている」と感じるのではないでしょうか。

 

「便りがないのは良い知らせ」という諺はありますが、便りがあった時に「借金の依頼」では悲しくなりますよね。

一つ気になる表現が有りました。それは「何度も一方的なメールが届いた」という点です。

もしかすると、その方は「強く押せば、質問者は貸してくれる」と思っておられるのではないでしょうか。

もしそうであれば、「質問者さんの善意」を利用していることになります。

(本人がどれだけ切羽詰まっていても)

それは、非常に悲しいことです。

 

私のクリスチャンの恩師は、

「クリスチャン同士でも、基本的にはお金の貸し借りはしないように。」と私にアドバイスをされました。「もし、どうしてもという場合は、あげるつもりで貸しなさい。」とも言われました。

私はそれが「分を越えない基準」だと思っています。

 

「知人」と「身内」は違います。

また、銀行でお金を借りる代わりに、正式な手続きを取って、個人間での「契約書を交わしての貸し借り」の場合も違います。(その場合は、保証人や返済計画を立てねばなりません。)

 

今回は、知人で、プライベートな貸し借りでしょうから、

「分を越えない」ということで考えて、「できない」と感じたら、はっきりと「お断り」してもよろしいかと思います。

 

今までその方に貸したお金は、すべて返ってきましたか?

もし返ってきていないということであれば、「貸せる可能性」はかなり低くなるでしょう。

 

その方は、もしかすると「経済的な感覚」がルーズかもしれません。

そういう場合、いくら周りが助けても「本人が自分を変えない」ので、

同じ失敗を繰り返します。

「他人の助け」がむしろ「本当の解決」を遅らせることもあり得るのです。

(厳しいかもしれませんが、「悔い改め」が無ければ、解決は起こりません。そして悔い改めは、言葉だけではなく、「行動」を伴います。)

 

もしその方が、しっかりと「悔い改めて」いて、「悔い改めの実(行動)」を結んでいるのが見えたなら、「質問者さんができる範囲」のことは、しても宜しいかもしれません。

(重ね重ねですが、分を越えないことを、留意して下さい。)

 

最後に、

聖書には「本当に困っている未亡人を助けなさい」とあります。

まず家族がいる場合は、「家族が最初に助けるべき」と書かれています。

 

1テモテ5:3

「5:3 やもめの中でもほんとうのやもめを敬いなさい。
5:4 しかし、もし、やもめに子どもか孫かがいるなら、まずこれらの者に、自分の家の者に敬愛を示し、親の恩に報いる習慣をつけさせなさい。それが神に喜ばれることです。
5:5 ほんとうのやもめで、身寄りのない人は、望みを神に置いて、昼も夜も、絶えず神に願いと祈りをささげていますが、
5:6 自堕落な生活をしているやもめは、生きてはいても、もう死んだ者なのです。
5:7 彼女たちがそしりを受けることのないように、これらのことを命じなさい。
5:8 もしも親族、ことに自分の家族を顧みない人がいるなら、その人は信仰を捨てているのであって、不信者よりも悪いのです。」

 

質問者さんは、知人という立場ですから、ここには当てはまりません。

家族に相談した上で、本当に困っておられる場合は、役所や地域の民生委員に相談してもらうという方法もあります。

(私も一期と少し、民生委員をしたことがあります。課題もありますが、助けもあります。)

 

どちらにしても「分を越えない」ことを意識して下さい。

 

マタイ5:37

「だから、あなたがたは、『はい。』は『はい。』、『いいえ。』は『いいえ。』とだけ言いなさい。」

 

曖昧な態度は、良くありません。

「しっかりとした方針」で関わるようにと、アドバイスをさせて頂きます。

 

良い「ご判断」と「ご対応」ができますように、

祝福をお祈りしています。

 

にほんブログ村 その他生活ブログへ

にほんブログ村

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

もし気に入って頂けたら、たくさんの方に読んで頂くために、クリックの御協力をして頂けると幸いです。(一日一回カウントされます)

人生相談〜聖書、イエス様を信じる立場から - にほんブログ村

読者登録をして下されば、新しい記事を自動的に知らせてもらえます。(無料ですが、はてなブログの登録が必要です。)

 

もう一つ別のブログランキングです。(こちらもクリックして頂くと助かります。一日一回カウントされます)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


人間関係ランキング
人気ブログランキング

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

↑↑↑↑↑↑

こちらをクリックすると記事一覧を見られます。

街中で、「星の光」を見るために。(「創造主」に出逢う方法、、、ポエム)

f:id:jesuslovesmeus:20210908102649j:plain

私の住む、市街の駅前は、ビルの輝きで星が見えない。

山の上で見える、あの「明るい光」が見えない。

 

市街から離れて、山に近づくと

「人工の光」が消える。

すると「星の光」が、だんだんと見えてくる。

 

地球から何光年も離れた、

太陽よりも大きな星。

近づけばすべてが一瞬で燃えてしまうほどの「強い光」なのに、

 

「人工のビル」の輝きの下では、

消えてしまいそうな「光」に見える。

 

街中で、

どうしたら「星の光」を見ることができるのか?

 

それは、「まやかしの光」を消すこと。

すべての「人工の光」を一度消すこと。

 

確認してみよう!

この光は「本物」なのか。

 

お金、地位、名誉、プライド、、、

この光は、「本物」なのか?

「歳」を取っても輝くのか? 「引退」しても、輝くのか? 「死の直前」でも輝き続けるのか?

、、、「天国でも」輝く光なのか?

 

もし輝かないなら、すべて消してみよう!

停電の時のように!

 

その時には「創造主の光」が見えてくる。

 

「あなたを支え」「あなたを助け」「あなたを守る」、、、

あなたを本当に輝かす「愛の光」が見えてくる。

 

停電でも決して消えることない「永遠の光」が、

あなたの目にもはっきりと、、、

見えてくるのだ。

 

見えたなら、近づけば良い。

その「光」は、ますます明るくなる。

 

一度、「人工の光」(かりそめの光)を、すべて消してみよう!

そこから、すべて始まるのだから。

 

 

聖書の言葉

ヨハネの福音書 1章4~5節

「この方にはいのちがあった。このいのちは人の光であった。
光は闇の中に輝いている。闇はこれに打ち勝たなかった。」

 

イザヤ書 60章1~3節

「起きよ。光を放て。あなたの光が来て、主の栄光があなたの上に 輝いているからだ。
見よ。やみが地をおおい、暗やみが諸国の民をおおっている。しか し、あなたの上には主が輝き、その栄光があなたの上に現れる。
国々はあなたの光のうちに歩み、王たちはあなたの輝きに照らされ て歩む。」

 

にほんブログ村 その他生活ブログへ

にほんブログ村

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

もし気に入って頂けたら、たくさんの方に読んで頂くために、クリックの御協力をして頂けると幸いです。(一日一回カウントされます)

人生相談〜聖書、イエス様を信じる立場から - にほんブログ村

読者登録をして下されば、新しい記事を自動的に知らせてもらえます。(無料ですが、はてなブログの登録が必要です。)

 

もう一つ別のブログランキングです。(こちらもクリックして頂くと助かります。一日一回カウントされます)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


人間関係ランキング
人気ブログランキング

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

↑↑↑↑↑↑

こちらをクリックすると記事一覧を見られます。