人生相談〜聖書、イエス様を信じる立場から

世界のベストセラー聖書の価値観から、生きるを考えます!(モノの見方が変わると、とても楽になります)

ワンポイント「イエス様の教え」

「SNS疲れ」からの克服。「神様が見ておられる」という感覚。

本日も、聖書の「創造主を信じる」メリットを書いていきます。 今回は、SNS疲れからの克服、絶対的な「安心感」についてです。 幼い頃は、保護してくれる方が一緒にいてくれたならば、「安心」でした。 それが、仮に崖の上でも、下を見たら恐怖を感じる場所…

「神様が見ておられる」という感覚。信仰を持つメリット。

私の知っている人で、すぐに嘘をついてしまうAさんがいます。 あちらで嘘をつき、こちらで嘘をつくので、 聞いた者同士が、話をすると、嘘が簡単にバレてしまうのです。 一人の知人、Bさんが親切心で、 「嘘はつかない方が良いですよ。CさんやDさんと話をす…

思い通りにならなくて、将来が不安です。

家族のこと、子供たちのこと、ずっと願っていることがあるのですが、現状はほとんど進展がありません。コロナのこともあり、未来のことを考えると不安しかありません。一体どのように考えたら良いでしょうか? ご質問をありがとうございました。 現在は、先…

日常生活で、「神様を体験」するために。

今回は、日常生活で「神様を体験」するための、私なりのヒントをまとめてみたいと思います。 昨日と同様、絶対にこうだと言う結論は、特にありません。気楽な気持ちで読んで下されば幸いです。 考える道筋として、 ①朝が大切。 ②メモを活用。 ③気がつく感性…

大人になると、どうしてワクワク感がなくなるのでしょうか?

新しい年、ワクワク感を持って生きたいですよね。 今日は、結論が多分ありません。何となく読んで下さればと思います。 小さい頃は、毎日が感動で、一日が長く、ワクワクして生きていたと思います。 小学校の時、冬の寒空のもと、 友だちと、下校後もう一度…

どうしたら「新しい人生」を歩めるのでしょうか?

新しい年です。 新しい気持ちで出発できるチャンスの時です。 しかし、「新しく生きる」と言っても、雲をつかむような話でもあります。 「種まきと刈り取りの法則」があるように、 同じやり方(種まき)をしているなら、結果は普通、変わりません。 やはり「新…

「新しい年」新しい気持ちでスタートする。

新年明けましておめでとうございます。 新しい年、2022年が始まりました。 「一年の計は元旦にあり」と言います。(すでに4日経っていますが) この時期に、新鮮な気持ちで一年を考えることは大切なことです。 今回のブログでは、「神様と一緒に計画する」こと…

クリスチャンになって、良かったこと。

今年のブログの最後に、クリスチャンになって良かったことを、まとめてみます。 あまりにたくさんあるのですが、現実生活で、特に有難いと思っている点を3つ記してみます。 ①寂しくなくなったこと。 ②前向きになったこと。 ③難しい問題にも、解決の知恵が与…

「来年への備え」のメモ “Destiny”について

2022年を迎えるにあたり、11月に聞いたある牧師のお話から、 覚書を書いてみたい。 Destiny (運命とか天命と訳される) 誰もが、Destinyを頂いている。「神の作品、建築物」である。 自分では、人生の目的を見つけることができない。 その目的を知るには、設…

一年を振り返っての感謝と、来年への備え。

そろそろ一年の感謝を考えて、来年に備える時期にきた。 2021年も、コロナ禍の中、激動の一年だった。 個人的には、いつもの倍以上早く過ぎたような気がした。(どうしてかは分からないが、、、) しかし、何とか乗り越えることができた。 良く頑張ってきたと…

「神様を愛する」とは、どういうことですか?その2

先回の続きです。 目に見えない神様を「信じる」だけでも、初めは大変ですが、 その神様を「愛する」ことが、一体どういうことか、その重要性、その方法についてまとめてみました。 メールや電話は、普通「相手の顔が見えない」ですが、 「相手がいる、存在…

「神様を愛する」とは、どういうことですか?

教会に行きはじめたばかりの者です。 教会で「神様を愛すること」は大切だ、と聞きました。理屈ではなんとなく分かるのですが、実感として、今一歩ピンときません。見えない神様(イエス様)を愛するとは、いったいどういうことなのでしょうか。 ご質問をあ…

クリスマス物語1〜ザカリヤ、失敗が用いられる。

アドベント(待降節)に入りました。 2021年11/28の週は、アドベント第1週です。第4週にクリスマスを迎えます。 今はクリスマスを待ち望む期間です。 数人の人物の信仰を通じて、クリスマスの恵みをお伝えしたいと思います。 本日は「失敗が用いられる」とい…

死の影の谷(人生の荒野)の乗り越え方、その2

先回から、このテーマを掲げています。その後半です。 ③「諦めないこと」諦めないための考え方、に注目します。 人生は、荒野で作られます。 なぜなら、荒野は「本当に大切なもの」しか、役に立たないからです。 お金も、名誉も、考えの甘い人間関係も、役に…

死の影の谷の歩き方(恐怖とプレッシャーの乗り越え方)

本日は、ダビデの詩から、「恐怖とプレッシャーの乗り越え方」を考えてみます。 詩篇23篇4節 「たとい、死の陰の谷を歩くことがあっても、私はわざわいを恐れません。あなたが私とともにおられますから。あなたのむちとあなたの杖、それが私の慰めです。」 …

自殺したユダは、どうしたら良かったのか?

昨日の続き、後半です。 イエス様のお祈り「父よ。彼らをお赦しください。彼らは、何をしているのか自分でわからないのです。」(ルカ23:34)の真意を考えていきます。 また、悪魔の「悪い言葉」、人間を破壊しようとする「誘惑の言葉」を心に入れない秘訣に…

どうして、弟子の「ユダだけ」が「自殺」をしてしまったのですか?

イエス様の弟子は12人いて、イエス様が十字架にかかった時に、全員が裏切り逃げてしまったと聞きました。どうしてユダだけが自殺をしてしまったのでしょうか。他の弟子たちは、そこまで悪くなかったのですか?教えて下さい。 ご質問をありがとうございました…

イエス様が「弟子の足を洗った」そうですが、どういうことですか?

イエス様が、最後の晩餐で、弟子たちの足を洗ったと聞きました。 何か「深い意味」があると思いますが、どんな意味でしょうか? 「洗足式」の意味ですね。 イエス様は、十字架にかかられる直前、最後の晩餐で、弟子たち全員の足を洗いました。 その中には、…

ワンポイント「イエス様の教え」⑥人の評価に、簡単に左右されないブレない視点!

今回は、「平和をつくる人」「義のために迫害されている人」は、創造主から「どのように見られているか」を学びます。 根拠の無い「人の評価、批判」は、移ろいやすいことも考えていきます。 「保守と革新」という言葉があります。 保守は「今までの伝統や文…

ワンポイント「イエス様の教え」④愛が冷えた時代の生き方

現代は、「愛が冷えた時代」と言われます。 私の子供の頃は、悪いことをすると近くの大人が「叱ってくれる」ことがありました。 今は、下手に大人が話しかけると不審者と思われます。子供に「注意」をしたら、後から問題が起こることもあるのです。 人が信用…

ワンポイント「イエス様の教え」③本当の慰めがあれば、生きていける!

多くの反対者がいても、「本当に自分を理解してくれる人」がいれば、人は耐えられます。 ドラマで、失敗をした主人公が、同僚から「失敗なんて誰もがすることさ。これで終わった訳ではないんだから、次頑張ろう!」と慰められている場面を見ます。 「当たり…

ワンポイント「イエス様の教え」②何のために生きるのか?

現在、コロナ禍が1年半を過ぎようとしています。 多くの人が「ストレス」を抱え、未来に対する不安、自分の命に対する不安を持っておられます。 私たちは今まで、「自分の命」に対する恐怖を感じることはありませんでした。 しかし追い詰められた状況が長く…

ワンポイント「イエス様の教え」①求めたら、与えられる!

2020年9月から、ブログを始めて一年が経ちました。昨日、合計アクセスが「2万人」を越えることができました。応援して下さった皆様に、心より感謝いたします。 これを機会に、イエス様の「山上の説教」から、「イエス様の教え」をシリーズで、深掘りしてい…